東京ユースカップ2019 優勝は日本大学!!!


4日間に渡って全国から集結した強豪全40チームによる熱い戦いが繰り広げられた第11回東京ユースカップが幕を閉じました。今年のチャンピオンは、日本大学が初優勝を果たしました!日大の皆さん、おめでとうございます!!!去年初出場で決勝まで進み、そして参加2度目となる今年はトップの座を勝ち取るという、瞬く間に大会を大いに盛り上げてくれる存在になった日大。高校生年代の大会に対し、大学1年生のみでチームを編成し、尚且つ、地方出身者の選手に対しては先に冬休みのオフを与えている為、僅か18人のメンバーが、3会場の審判や、会場運営というミッションをこなしながら、見事、ピッチの上でも兄貴分としての存在感を示してくれました。今後も、並み居る全国からの強豪高校やクラブユースチームにとっての“壁”であり続けて欲しいと思います!

 そして、決勝では惜しくも敗れたものの、先制ゴールを上げて日大を苦しめたFC町田ゼルビア。決勝トーナメントに入ってからは、富山第一、西武台、FC東京といった並み居る強豪をバッタバッタとなぎ倒し、GKの驚異的なセービングを中心としたディフェンス陣の粘り強い守備と、スピード感ある攻撃で、大会を大いに盛り上げてくれました!球際を激しく戦い、泥臭く戦うその姿は、J下部のイメージを覆す!?逞しさ、頼もしさを感じました!新チーム立ち上げで挑んだ今大会で好成績を納めたゼルビア。新たなシーズンの最大の目標であるプリンスリーグ関東入りを目指し、是非頑張って欲しいと思います!

 40チーム中、半数の20チームが関東、残りの20チームがそれ以外の地域からの参加となった今大会。際立ったのは、関東勢の奮闘ぶりでした。ベスト16に12チームが進出、そして、準々決勝に進んだ8チーム全てが関東勢、その内7チームが東京のチームで、今年は地元チームの躍進が目立った大会となりました。来年は、遠路遥々挑んでくる地方からのチームの巻き返しに期待したいと思います!

 改めて、大会を大いに盛り上げてくれた選手達、監督を始めとする引率者の皆様、会場を提供して頂いたホームチームの皆様、大会の審判、会場運営を担ってくれた大学チームの皆様、寒い中、応援に駆けつけてくれた観戦者の皆様、また、大会を支援して頂いたスポンサーの皆様、ありがとうございました!

 選手達にとって、この大会での経験が、今後のフットボールライフの大いなる糧となる事を願って、東京ユースカップ2019の幕を閉じたいと思います。

 それではまた、2020年の第12回大会でお会いしましょう!

 皆様、良いお年を!

東京ユースカップ実行委員会


閲覧数:21回

最新記事

すべて表示
サッカー留学、チーム海外遠征、選手エージェントを手がけるスポーツマネージメント会社Movement Global Football
https://www.facebook.com/MovementGlobalFootball/?timeline_context_item_type=intro_card_work&timeline_context_item_source=1404013475&pnref=lhc