top of page

③スペイン夏キャンプ2023【ビジャレアルキャンプ/7月第3週編】DAY 2


キャンプ2日目 今日もキャンプ地Puigcerdáは30度を超える日差しの強い日となりました。 しかし、皆暑さに負けず、ボールを追いかけていました。 この日のコウスケのグループは、ボールポゼッションの争いや、切り替えの速さ、的確な状況判断と繰り出す技術、そして球際のインテンシティーの強度が求められる実戦的なトレーニングが行われました。また、様々なコンビネーションからのシュート練習も行いました。 午後はゲーム。コウスケのチームは、Antonio、Bernat、Joel、Bruno、GKのIsac等、実力者が揃っていて、負け知らず。3-1-2の左サイドバックを務めるコウスケも奮闘します。グループの中で最も小柄な一人コウスケは、どうしてもフィジカル負けするシーンが散見。また、相手のプレスが速く、激しい中、瞬時の判断と実行が求められる環境で、「ここでは、普段やっている感覚と全然違う。」と戸惑いと適応を強いられています。 瞬時にどんなプレーがベストなのか、彼なりにもがいています。 それでも、コウスケの蹴ったコーナーキックから相部屋のTomazoがヘディングシュートが生まれ、見事なアシストを決めていました。 一方のタツキ。周囲からはPEPEの愛称で呼ばれ、いじられ始めています。それでも、フットボールの力量は早くも認められて来ています。 こちらもボールポゼッションや切り替えの速さ、そして球際の攻防の勇敢さが求められる中、熱の入ったトレーニングが展開されました。コーチのPirri、Carlosの両コーチも、グループの働きぶりに満足な様子。 午後の試合では、トップ下に入って、何度かシュートに持ち込むタツキでしたが、フィニッシュに精度を欠いてゴールを奪うことは出来ませんでした。


閲覧数:24回

最新記事

すべて表示
サッカー留学、チーム海外遠征、選手エージェントを手がけるスポーツマネージメント会社Movement Global Football
X(twitter) logo.jpeg
bottom of page